グリーン住宅ポイントについて

「グリーン住宅ポイント」は2020年12月15日から2021年10月31日までに契約を結んだ住宅購入や新築・リフォーム工事が対象になります。グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

ソース画像を表示

【対象要件】

  • 新築とは、契約時に建築から1年以内、第三者が未入居の住宅です。
  • 一定の省エネ性能を満たす住宅が対象です。
  • 購入者等が自ら居住する住宅が対象です。(申請は1人1回まで)
  • 分譲住宅の売主は、宅地建物取引業免許​を有する者に限ります。
  • 30万〜100万ポイントを発行します。

【対象となる申請者】

注文住宅の場合:自ら居住するために新たに住宅を建築する者(工事請負契約における建築主や発注者)
分譲住宅:自ら居住するために新築住宅を購入する者(不動産売買契約における購入者)
【対象となる住宅】

以下のⅰ のいずれかの省エネ性能等を有する新築※1住宅であること

  • 認定長期優良住宅
  • 認定低炭素建築物
  • 性能向上計画認定住宅
  • ZEH            いずれか

一定の省エネ性能を有する住宅

日本住宅性能表示基準で定める断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4以上の住宅※2

※1完成(完了検査済証の発出日)から1年以内であり、人の居住の用に供したことのないもの

※2断熱等性能等級4を満たさない住宅であって、「建築物省エネ法」に基づく住宅の外皮性能の基準および一次エネルギー消費量の基準に適合するものは本制度の対象とします。

申請には、省エネ性能等の基準を満たすことを証明する登録住宅性能評価機関等の第三者評価が必要です。

【発行ポイント数】

高い省エネ性能等を有する住宅・・40万ポイント

一定の省エネ性能を有する住宅・・30万ポイント

以下に該当する場合はそれぞれポイントを加算します。

・東京圏の対象地域からの移住のための住宅

・多子世帯が取得する住宅

・三世代同居仕様である住宅

・災害リスクが高い区域からの移住のための住宅

【発行されたポイントの利用】

発行されたポイントの範囲内でいずれかまたは両方に利用が可能です。